おすすめ葉酸サプリ徹底比較

葉酸サプリの妊活における効果

葉酸サプリは妊娠を考えた時点ですぐ飲みはじめるべき、というのは、最近では常識となりつつあります。

 

厚生労働省はこれに関して、

妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスが取れた食事が必要であること。なお<中略>食品からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取すれば、神経管閉塞障害の発症リスクが集団としてみた場合に低減することが期待できる
出典:厚生労働省

 

と述べており、バランスの取れた食事のほかに、栄養素を補助する目的で葉酸サプリを摂ることを推奨しています。

 

でも葉酸は赤ちゃんの健全な成長に不可欠なものなのだから、妊娠してからでも良いのでは?と思う方もいるかもしれません。

 

 

どうして妊活中から葉酸サプリを飲まなきゃならない?

 

 

ここでは葉酸サプリを妊活中から飲み始めるべき理由と、詳しい効能について解説してゆきます。

 

 

 

葉酸サプリの具体的な効果

 

葉酸サプリには吸収率の良い「モノグルタミン酸型葉酸」のほかにも、葉酸の働きを助ける>ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンC、亜鉛、鉄分、カルシウムなどなど、妊活に効果的かつ妊娠中に多く必要となる栄養素がバランスよく配合されていることが重要です。

 

 

>>ベルタ葉酸サプリなら必要な栄養が取れます

 

 

これらの含まれた良質な葉酸サプリを継続することで、妊娠力がアップするだけではなく、妊娠の継続や母子ともに健康な妊婦生活を送ることが可能となるでしょう。

 

妊活における葉酸サプリの具体的な効果は、以下の通りです。

 

 

 

子宮内膜を厚く、着床しやすく整える

 

葉酸には細胞分裂を促進する働きがあります。

 

ほかのビタミンB群やその他の栄養素と結びついて働くことで、赤ちゃんのベッドとなる子宮内膜を厚くふかふかに整え、受精した卵が着床しやすく、しっかりと根付きやすくなります。

 

冷え性だったり高齢になると子宮内膜が薄くつるつるになりやすいと言われ、したがって妊娠しにくいか、一旦着床しても根付くことができずにいわゆる科学流産となってしまうケースが増えることがわかっています。

 

葉酸サプリを飲むことでこの問題を解決し、赤ちゃんにとって居心地の良い子宮環境を整えてあげることができるのです。

 

 

 

どうして妊活中から葉酸サプリを飲まなきゃならない?

 

 

 

卵子の老化を抑える働き

 

女性の体に生まれたときからある卵子のもと、「卵母細胞」は、女性の年齢とともに急速に数を減らし続け、また質も落ちてゆきます。

 

思春期に達するころには1/10の数にまで減り、その後も1回の月経周期あたり多い場合1,000個が消滅、40代後半には閉経となります。

 

 

 

どうして妊活中から葉酸サプリを飲まなきゃならない?

 

 

卵子が老化すると受精卵が正常に分割しづらくなったり、たとえ運よく妊娠しても、うまく育つことができずに流産しやすくなってしまいます。一旦老化してしまった卵子を若返らせることはできませんが、葉酸サプリを飲むことで「老化を遅らせる」ことは可能です。

 

卵子をできるだけフレッシュに保つことで、極力妊娠しやすい元気な卵を育てることができるのです。

 

 

 

血流・代謝を改善

 

葉酸には造血作用があり、また代謝を促進する作用があります。

 

新鮮な血液をつくり、巡りを良くすることで冷えの改善や、栄養素がきちんと行き渡る体づくりが可能となります。

 

 

 

ホルモンバランスを整える

 

妊娠にとってホルモンバランスというのは、明暗をわけるもっとも大事な要素といっても過言ではありません。

 

葉酸サプリには女性ホルモンの分泌バランスを改善する作用があるため、妊活には必須です。

 

とくにホルモン分泌が不妊につながっている方や、バランスの崩れやすい高齢妊娠を望む女性、基礎体温が安定しないなどの自覚症状がある方は、ぜひとも質の良い葉酸サプリを飲んで改善に努めることをおすすめします

 

 

>>最高品質・妊活に最適の葉酸サプリなら【ベルタ葉酸サプリ】

葉酸サプリ飲み始めが妊娠してからでは遅い理由

葉酸サプリは妊娠してから飲み始めれば良いか、と思っている方はいまだ多く、妊活に積極的に取り組んでいる女性以外は、よくわからないけれど適当なものをとりあえず続けているだけ、というケースもあります。

 

妊活中の葉酸サプリは「妊娠するために」必要だと思われるかもしれませんが、じつはほかにも、それと同じくらい大事な理由があるのです。

 

 

 

どうして妊活中から葉酸サプリを飲まなきゃならない?

 

 

 

 

先天性の奇形は妊娠後すぐから12週までに決まる

 

葉酸を飲むもっとも大きな理由として、胎児の先天性奇形(神経管閉塞など)を予防するためということがあります。
葉酸サプリを飲んでいた妊婦とそうでなかった妊婦の両方から生まれた子を比べた場合、飲んでいた妊婦の子が先天性奇形を持っている割合がなんと65%も低減されたとの研究結果が出ています。

 

 

また下の表を見ていただくとわかる通り、この胎児の先天性の奇形というのは妊娠後胎芽が形成されはじめてすぐから12週までには決まってしまうということもわかっています。

 

 

 

どうして妊活中から葉酸サプリを飲まなきゃならない?
出典:妊娠したいネット

 

 

 

お母さんが妊娠に気づくのは早くても7週前後ですから、妊娠に気づいてから葉酸を飲み始めるのでは遅い、ということになるのです。

 

 

 

妊活からの葉酸サプリは胎児の器官形成に不可欠

 

先述した通り、胎児の重要な器官(心臓など)は妊娠のごく初期からほぼ原形ができてしまうと言われています。

 

妊娠初期はもっとも急速に赤ちゃんの体の基礎が出来上がる時期でもあり、細胞分裂やDNAの正常な伝達には葉酸が大量に消費されます。この時期に葉酸が不足することで、本来作られるべき器官が十分に発達できないままとなってしまい、結果的に奇形や機能不全などが出てしまうというわけなのです。

 

もちろん初期を過ぎるまで妊娠に気づかなかった場合でも、飲まないよりは飲んだ方が良いですが、上記の理由から、妊活中からきちんと飲んでおくことが望ましいのです。

 

>>ベルタ葉酸サプリなら
必要な栄養が取れます